■ Search

■ Category
■ Latest Entry
■ Recent Comment
■ Archive
[SpaceB]am.exhibition 2019

今月もう1つ開催する個展のお知らせです
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceB]am.exhibition 2019
2019年6月26日(水)-7月8日(月)

やきものでアクセサリーを作っていますam.(エーエム)です。
4年ぶりのranbuでの個展です。
はじめましての方も、お久しぶりの方も楽しんでいただけるアイテムをご用意いたしました。
ぜひお越しくださいませ。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
久しぶりのam.さんの登場です☆
磁器でつくるアクセサリーです。
マットな白をベースに、ブルーの濃淡、ゴールドでぷっくりとしたポイントが入る。
とてもシンプルな様ですが、女性らしさと上品さを兼ね揃え、
それでもってam.さんにしか作れない個性的な作品です。

私事なのですが....am.さんのピアスで結婚式をしました。
初めに語った、上品さがあったのもなのですが、
凛とした強さを感じたり、そうですね、、、、とても幸せになれる気がしました。
幸せを舞い込んでくれるアクセサリー、そんな気がするんです。

ぜひ、それを手に取って感じていただけたらと思います。
作品の写真が少しご紹介です。




どれも、全部違う絵柄です。
想像以上に迷います。
ぜひじっくり手に取ってご覧くださいね☆

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]tegamiya個展「手紙が運んだ物語」
今月末に行なう個展のお知らせです
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]tegamiya個展「手紙が運んだ物語」
2019年6月26日(水)-7月8日(月)

引き出しやお気に入りの箱から
ふと出てきたあの日の手紙。
想いは書くことで柔らかくなったり
いっそう強くなったり。
時が経てば夢や物語のようにも。
手紙は不思議。
いつまでもとっておきたくなるような
手づくりの紙雑貨たちとともに
tegamiya15年間の作品たちから
特別に「物語」を感じる原画を選んでお届けします。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
tegamiyaさんの作品に出会い、もう4年ぐらい経つでしょうか....
tegamiyaさんの作品に出逢って、いわゆる“紙雑貨”というものの概念がとても覆された記憶があります。
デザインをして発注して大量に作る、消耗品そんなイメージがありました。

その当時、届いたのはメリーゴーランドのカードでした。
全て手で切って組み立てられるようになっていました。

1枚1枚手で色付けされたエターセット、
紙も微妙に色々と違うポストカード、
全ての絵柄が違うトランプのカード。

そんな作品で出すお手紙はとてもとても特別です。

つ....使えない、そんなに、気安く使えない。
そう思いました。

tegamiyaさんの作品、やはりとても特別です。
企画展を考えるとき、必ず、頭の中にtegamiyaさんが浮かぶんです。
どんな世界も兼ね揃え、やはりその特別感というのは、私達のお店にとってはかかせないものです。

今、どれだけのお手紙を皆様出されていますか?
メールがとても多くなりましたよね。
そうなんです、そもそもお手紙というもが特別なものになってきました。
そんな特別なタイミングで出す手紙です、ぜひtegamiyaさんの作品で出してみてはいかがでしょうか?

その気持ちは何倍にも膨らみ、ずっと大切にされるはずです。
今回、関西、初個展です。
出品予定の作品の写真が少し届きましたのでご紹介です。


トランプの裏に言葉をのせるミステリアスなレターセット。数字やマークを選んで使っても楽しいです。
クイーンの持つバラ、ジャックの持つ葉を、封筒にそれぞれハンドプリントしています。


童話をモチーフにした、切り絵による原画作品を販売します。
手作業による温かみ、切り絵ならではの立体感をお楽しみください。


立てて飾れるカード"prayer"。窓の部分は透ける紙に色を印刷し、手でカットした枠を貼り合わせています。
本物のステンドグラスのように光を透して、色や形をお楽しみください。


水彩と切り絵による2019年のカレンダー。
使用後も詩と絵を楽しめる画集としてお楽しみいただけます。


白い絵具で白鳥に仕立てたSwan Lake Card。
首もとの糸をほどくと蛇腹の中紙が開き、月の浮かぶ水面が現れます。


古い文庫の挿絵のような絵柄の便せんと、手づくり封筒のレターセット。
紙は雰囲気のあるいろいろな種類のものでご用意していますので、店頭でお好みのものをお選びください。


太陽と月、草花を描いたレターセット。
便箋に古い紙を使用しています。
ヨーロッパの古く素朴な暦や草花の本を開くように。
手紙がまるで時を経て届いたかのような、不思議な感覚を楽しんでいただきたいです。


サーカスをモチーフにした手づくりのオーナメントは、
窓辺に揺らすと影絵のシルエットと柔らかいカラーペーパーのコントラストが幻想的です。


一点ずつ手作業で切りとり着彩し、ラフィアと古い紙片で飾った、鳥と巣のカード。
巣の切れこみに鳥をセットすると卵を温めているようになる仕掛けです。


ねこがいるのどかな街の風景をカードにしました。立てて飾ることができます。
ねこの部分は1匹ずつ切りぬき色鉛筆で彩色をしていますので、すべて違う表情です。


ひとつひとつ紙を切りとり、色鉛筆で着彩して草花に見立てた「紙の草花」。
手紙に添えたり、小壜に生けたり、栞としたり。
自然の花にひとつとして同じものがないように、手づくりによるそれぞれの風合いをお楽しみください。


立てて飾ることができる"真夜中のサーカスカード"。
ノスタルジックな色使いと手作業の切りぬきがポイントとなり、カード自体が贈り物に。


物語を感じるような切絵の作品を一筆せんにしています。
二つ折りにしてちょっとしたメッセージカードとしても。


鉛筆で繊細に描いた線画の大判カードに一枚一枚色鉛筆で手彩色したものと、モノクロのままの2枚セット。
手作業で塗っているため、作品ごとに少しずつ色合いが違っています。
モノクロのカードは、お好みでご自分で色を塗っていただいても楽しめます。


紙製のマッチ(ブックマッチ)のような形の3つのカード。
手彫りのスタンプでひとつひとつハンドプリントし手づくりしています。
開いて中にメッセージを書き煙のような薄紙を挿んで閉じてください。
薄紙にも星をシルバーでプリントしています。


An insane trio floating in the night sky
ビンテージのような柔らかい色の紙に、水彩画を印刷し
切り抜いてオーナメントにしました。
うらにメッセージを書いてプレゼントに添えたり
窓辺や植物にぶら下げて飾ったりして、お楽しみください。


動物や花や葉、星などのモチーフを、手彫りのハンコでハンドプリントしたカード。
紙やインク、糸を変えて、さまざまなバリエーションでおつくりしています。


ティーバッグみたいなかたちの小さな手づくりカード。
美味しいおくりものにこんなメッセージカードを添えると楽しいかもしれません。

どれも物語やこだわりがぎっしり詰まった作品ですよね?
ぜひゆっくりじっくりご覧になってくださいね。

6月28日〜30までGサミットが開催されるようですが、
ranbuは通常営業いたします。
お車の場合は規制があるようですが、電車はございませんので、
お越しくださいます方は公共機関のご利用をお勧めいたします。
| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]佐川綾野個展「切れ端世界」

来月久しぶりに佐川綾乃さんの個展です☆
昨年、東京に活動の場所を移されましたが、
今回どのような世界をへ連れて行ってくれるのか、楽しみですね。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]佐川綾野個展「切れ端世界」
2019年6月12日(水)-24日(月)

物語を破った切れ端が、
風で飛び、重なり、
また別の風景を作り出します。
小さな物語の生まれる
切り絵の世界をお楽しみください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
淡い和紙の微妙なグラデーションで作品を作り出す、佐川綾野さん。
強弱の線や優しい色使いはもちろん素晴らしいのですが、
私がなんといっても好きなのは、この可憐で優しさの一面の他に
佐川さんのどことなく感じる切なさや、凛と感じる強さです。

きれいなものには、美しさだけではない、影と光が欠かせないように
孤独感のようなものが、凛と立つ強さに感じ、
それによって深みを感じ、より美しく、尊いものに感じます。
出品予定の作品の写真が少し届きましたのでご紹介です。

佐川さんらしいとても強い作品ですね。


幾何学模様の続いていくからこそ感じる物語があります。



他にも作品やアクセサリーなども並ぶ予定です☆

そして期間中にはワークショップも開催します。
[2F]佐川綾野切り絵教室「人魚の切り絵​」
2019年6月16日(日) ※予約受付中

泡になる人魚姫を作ります。
白い紙を切り、後ろから淡い色で繊細に色付けていきましょう。
人魚姫の、優しい心と悲しい心が混ざり合った作品を 切り絵で表現しましょう。

光に当てると幻想的になります。

時間(2時間半程度)
12:30〜 ※満席になりました
15:30〜
参加費:3,500円(材料費+お茶付き)
定員:各8名 (定員に達次第終了します)
持ち物:シャープペン はさみ あればピンセット 眼鏡
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初めての方も満足のいく作品が出来上がります☆
ぜひ挑戦してみてくださいね。

ご予約はranbuまで
06-6345-7122
info☆ranbu-hp.com
(☆→@に変更してください)
・3日以内に返信が無い場合、お手数ですがお電話にてお問合せください。
・キャンセルは受け付けておりません。
どうしてもご都合ができた場合は1週間前までにお願いいたします。

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]ハニカミヤ個展「春庭カランコリン」

今月、開催する個展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]ハニカミヤ個展「春庭カランコリン」
2019年5月15日(水)-5月27日(月)

春の風に乗って カランコリン
春の音を聞いたよ
春の匂いを見つけたよ
あの子に会えるかな
カランコリン カランコリン
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
どこかなつかしく、ほっこりする作品を作られるハニカミヤさん。
登場するモチーフや小物が一昔前のオモチャや、デザインだったりするのですが、
そこにこの素朴な1つ1つの表情が加わると、幼少の頃を思い出すのでしょうか....
すっと心に入って来て、ほっとする温かい気持ちにさせていくれます。

出品予定の作品の写真が少し届きましたのでご紹介です。
「かくれんぼう」


「散歩(仮)」


今回絵の作品の他にも木工の作品も並ぶようです。
ハニワの置物(マグネットになっています)とやじろべえ

お話声が聞こえてくるようですね。

こちらはブローチと小鳥の起き上がり小法師です。


他にも写真が届きましたらご紹介していきますね☆

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]PATRONE Re: LABO個展「虚構メランコリア」

平成も残り1週間となりましたね。
色んな時代の変化を感じる1週間になりそうですね。
令和という新しい時代を迎えますが、丁度こちらの個展がスタートします。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]PATRONE Re: LABO個展「虚構メランコリア」
2019年5月1日(水)-5月13日(月)

キーボード・基板・スイッチ・ナット等を用いたアクセサリーの制作、
病院や薬などに対しての後ろ向きなイメージを少しでも前に向けるべく、
かわいい要素を取り入れた、遊び心もある、医療モチーフ雑貨のデザイン・制作を行っています。
今回のタイトルは「虚構メランコリア」
<その憂鬱はきっとフィクション>というイメージで世界観を作り、展示販売いたします。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
1月に行なった文房具の企画展「注文の多い文具展」に一部ご参加いただきましたが、
今回は様々な作品が並ぶ予定です。
誰でも手にした事がある、とても身近な医療のデザイン。
あまりにも身近すぎて、そこに注目することがなかったのですが、
改めて見ると、シンプルですが中々素敵なデザイン☆
そこにPATRONE Re: LABOさんの、遊び心が加わると、気になり度がぐっと上がる。
自分がどれだけ周りに無頓着に生きているかを実感させられました。

“ちょっと視線を変える、ちょっと寄り道して横を見てみると素敵なものがたくさんある”

毎日大切に思って生きていましたが、まだまだです。
まさに憂鬱はきっとフィクションですね。

どんな世界になるのか楽しみです!
早速出品予定の作品の写真が少し届きましたのでご紹介です。

便利で使いやすいこんな作品




キーボードやスイッチのアクセサリー



「私、これ付けている時は、そういう状態なんで(気遣ってください)」
ぐらいのことがあってもいいと思いますし、


「あなた、気付いてないかもしれないけど、今これ、必要よ!」
ぐらいの会話があったら、もう少し肩の力が抜けるんじゃないかと思います。


これからTシャツを愛するあなたへ
こんなTシャツはいかがでしょうか?



他にも、PATRONE Re: LABOさんの世界にぐっと惹き込まれる作品がたくさん並びます。
フィクションの憂鬱の先にあるものを感じてみてください。

 


ranbu
大阪市北区大淀南1-4-20 長谷川ビル202,301
tel:06-6345-7122
営業時間:12:30-19:30
定休日:火曜日

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[2F]ranbu企画展「標本の王国」

来月行なう企画展のお知らせです。
毎年6月におこなっておりましたが、今回は少し早めのゴールデンウィークの時期に行なうことにしました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[2F]ranbu企画展「標本の王国」
2019年4月17日(水)-5月6日(月)

ここは時間の止まった王国。
色あせたカレンダー 今にも動き出しそうな昆虫
呼吸を止めない植物
いつか何かを語るのだろうか?
全国から標本をテーマにした作品が集まります。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
今年も素敵な作家さんが集まりました!
早速ご紹介です。
-----------------------------------------------------------------------------------
ISHIDAMAKOTO(ブラス、シルバーアクセサリー)
主に昆虫をモチーフにして、スタイリッシュに仕上げた商品です。







-----------------------------------------------------------------------------------
水島ひね(フェルト作品、こぎんブローチ)
今年もまた大好きな標本の企画展に参加できて嬉しいです。
今回は「食虫茸」標本のソフトスカルプチャー作品をメインに、
毛糸や刺繍のキノコブローチや、新作ポストカードも出品します。
お楽しみに!








-----------------------------------------------------------------------------------
コヤヒロカ(ガリ版印刷のタイツ・くつ下)
イキモノをモチーフに、ガリ版印刷でTシャツやタイツ・靴下、手ぬぐいなどをメインに製作しています。
イキモノの息づかいが伝わるような作品を目指しています。







-----------------------------------------------------------------------------------
いわたまいこ(切り絵作品)
大阪出身、神戸在住の切り絵作家。
プランクトンからクジラまで、生きもののもつ面白さや美しさを紙とハサミで表現します。
一番好きな生きものはウニやヒトデの仲間、棘皮動物。
最近は菌類も気になっています。
動物園や博物館、昆虫館での展示多数。

-----------------------------------------------------------------------------------
硝子工房桃缶(耐熱ガラスアクセサリー)
『変わるもの 変わらないもの』というテーマで、
主に天気によって薬液の結晶が変化する「ストームグラス」を取り入れた作品をメインで作っています。
液体でも個体でもない「ガラス状態」という不安定で透明なガラスには、
その時の「時間」を切り取ったような美しい魅力を感じています。
透明度が高く丈夫な耐熱ガラスで、持っていると毎日が少しだけ楽しくなってもらえるような作品を作りたいと願っております。


-----------------------------------------------------------------------------------
Aromaticalabo(石鹸・バスソルト)
お肌にやさしい手作り石けんと鉱物のようなバスソルトをお届けします。

-----------------------------------------------------------------------------------
TAKUNOBU(陶器ブローチ、置物、食器)
一点一点手描きの食器、ブローチ、置物を作っています。
丁寧な仕事を心がけ、自分にしか無い世界観を大切にしています。



-----------------------------------------------------------------------------------
初日は多くの方がいらしてくださることが予想されますので、整理券の発行をいたします。
11時からranbuのビルの前でボックスに入った番号を引いていただき、そこに記載の順番に入っていただきます。
(来られた順ではございません、11時前にいらしていただいても整理券のお渡しはできません)
近隣のご迷惑にもなりますので、事前に並ぶ事はお控えください。
一度に入りきれない場合は、順にご案内することとなりますことをご了承ください。
また、会期終了後のお渡しとなる作品もございます。

ranbu
大阪市北区大淀南1-4-20 長谷川ビル202,301
tel:06-6345-7122
営業時間:12:30-19:30
定休日:火曜日

 

 

 

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(1) | - |
[SpaceB]ROPS個展「ROPS RESIN WORKS 2019」

来週から始まるもう1つの個展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceB]ROPS個展「ROPS RESIN WORKS 2019」
2019年4月3日(水)-15日(月)

レジン(合成樹脂)を素材としたボタンとアクセサリーを展示販売致します。
レジンは軽く、ボタンは洋服につけたまま洗濯も可能です。
春の訪れを一緒に楽しめるような色とモチーフを揃えて種類豊富に並べます。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ranbuで常設してくださっているROPSさん。
ROPSさんはボタンをメインで作られている作家さんです。
ボタンってとてもかわいらしいですよね?
海外に買い付けにいった時には、必ず買ってしまいますし、
手芸屋さんに行ったらついついみてしまう。
小さくころっとしたフォルムが子どもの頃集めた宝石のようであり、
カラフルな色があめ玉のようでついつい惹かれてしまいます。
女の子の夢でしょうか☆
ROPSさんの作品は、そこにレトロ感といいましょうか、ノスタルジーな雰囲気を感じます。
ですので、大人の方でも色々と遊べますし、男性の方はとてもお洒落さんになるはずです。
少し写真が届いていますので、ご紹介です。

ポピーのお花のボタン
白いシャツのボタンを変えるだけでとても素敵なシャツになりそうです。



猫や山羊のボタンです。
刺繍と合わせてもかいいですね。



全部1点もののボトルやグラスのボタン。


今回はアクセサリーも豊富です。



こちらは、お花のピアスとブオラのブローチ


ワンポイントだけ変えてみてください。
少しだけが大きく変えてくれますよ☆

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]HELLO, SMALL THINGS ! eric keshigomu hanko exhibition
さてさて、春が来たと思ったらもう4月ですね。
新しい生活が始まった方も多いと思いますが、力が入りすぎてしまった....
というときは、ほっこりしにいらしてくださいね☆
早速、来月から始まる個展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]HELLO, SMALL THINGS !  eric keshigomu hanko exhibition
2019年4月3日(水)-15日(月)

机の引き出しをひっくり返したような、小さなもので溢れた
わくわくするような世界を消しゴムはんこを使って表現・活動中。
どこか懐かしさを覚えるような秘密なはんこの世界をぜひご覧ください。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
HELLO, SMALL THINGS ! さんの作品。
もう何も説明がいらないぐらい、かわいいですよね。
消しゴムハンコからうまれた1つ1つの小さなアイテムはこんな良い方をしていいのか、
いちいちかわいい。
そしてそれが集合して作品になっていますが、
その1つ1つにきちんとスポットがあたりながら全体の世界観も素晴らしい。
まるで、舞台のようですね☆

そして、文房具には私は欠かせない要素だと思っています、
“使いたい”
という気持ちにさせてくれる。
きっとHELLO, SMALL THINGS ! さんの作品が必ず生活の一部にあるようになると楽しくなるんだろうな〜
こんな時にこれ使ったら最高
あのこ、好きそう、、、、

そう、使っているのが、頭に浮かぶんですね。
少し写真が届きましたので、ご覧ください。












かわいいですよね〜。
また今回,記念ハンコをご用意してくださるそうですので、ぜひ皆さん、自由に押してくださいね。
お気に入りのノート等お持ちくださいね。

色んなものが並ぶ予定ですので、ぜひ皆様HELLO, SMALL THINGS !さんの世界をお楽しみくださいね。
そして、4月12日には、14時〜1時間程ですが、作家さんが来られます。
お楽しみに☆

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]atelier subaco 作品展「花をまとう生き物たち」
来週から始まる新しい個展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]atelier subaco 作品展「花をまとう生き物たち」
2019年3月20日(水)-4.1日(月)

春の訪れを待ちわびていた色とりどりのお花や生き物たち
人形やモビール、リースなど壁掛けのオブジェを製作しました
布から生まれた穏やかなの森の世界に、是非遊びにいらしてください
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ranbuでは久々の登場となりました。
atelier subacoさん。
とてもかわいらしい生き物や植物の作品を創るatelier subacoさんですが、
絵本から飛び出てきたようなというよりは、
作品が存在する空間を絵本の中の世界にしてしまう作品というほうがしっくりくる作品です。
布、フェルト、針金、様々な素材を巧みに操るatelier subacoさん、
まるで魔法をかけているかのようです。
出品予定の作品の写真が届きましたので少しご紹介です。



もう、ここは楽園でしょうか....?




凛とした表情がとても印象的な作品です。




ぜひみなさん、この物語の中へ足を踏み入れてみてくださいね☆
| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
[SpaceA]中川洋子の器展

水曜日から始まる個展のお知らせです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]中川洋子の器展
2019年3月6日(水)-18日(月)

今回の展示は、目つきの悪いうさぎの絵皿と自作の印を使った陽刻の皿がメインになります。
どちらも1点物になります。
陽刻の方は印を使ってますので重なりはありますが印の組み合わせを変えてなるべく同じものが無いように造っています。
絵付けのマグカップと蓋物、陽刻の豆皿も並ぶ予定です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

細かい絵柄の優しい表情の作品と、くすっと笑ってしまう、なんとも言えない表情の動物が登場する作品。

どちらの作品も一度見るとずっと心にに残ってしまいます。

 

白やうっすらグレーブルーの色にシンプルなかたちの器。
一点一点違う絵柄のは、どれも見ていて温かくそして

手にすると美しく、とても優しい気持ちになる器です。


昨年、お皿を1枚購入させていただいたのですが、なんといってもご飯を作るのモチベーションが上がります。

普通なら、このメニューだからこのお皿にしよう☆となるのですが、

音や中川さんの作品は、特別な日に

「このお皿を使いたいから、何にしようかな〜」

とお皿先攻で考えてしまうんです。

毎日すっと使えるぐらいに料理も上手になるといいのですが....

 

出品予定の作品の写真がとどきましたので、少しご紹介です。

 

どれも素敵な作品ですよね☆

今回は、カップなども届くようですので、楽しみでなりません!

皆様もぜひご覧くださいね。

 

ranbu

JR「大阪」駅中央北口、地下鉄「梅田」駅3〜6番出口、阪急「梅田」駅茶屋町出口から徒歩10分

大阪市北区大淀南1-4-20 長谷川ビル202,301
tel:06-6345-7122
営業時間:12:30-19:30定休日:火曜日

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
■ Profile
■ Links
■ Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>