■ Search

■ Category
■ Latest Entry
■ Recent Comment
■ Archive
[SpaceA]旅する蒐集家個展「白の標本展」

今月の中旬から始まる二人展のお知らせです。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
赤い旗[SpaceA]旅する蒐集家個展「白の標本展」
2018年11月14日(水)-26日(月)

旅する蒐集家
白の標本
わたしたちは旅の途中
誰かの「古い記憶」が眠る場所を見つけた
そこは白く霧の立ち込める
深い、深い森の中
鉛筆画家 西本百合と造形作家  雨花のユニット「旅する蒐集家」の二人展
各地を旅しながら採取した
珍しいものを標本にしています 空想旅行の欠片を手に取って楽しんで頂けると幸いです
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
ArtMACHI Museumの時に結成された、鉛筆画家 西本百合と造形作家  雨花の
ユニット「旅する蒐集家」の二人展です。
まずは、西本さんのご紹介です。
空想的な作品のようで、何処か懐かしく身近に感じる西本さんの描く世界。
以前、伺った時にふるさとの風景を描いていると。
なるほど、とても懐かしく感じるんですね。
特にこの標本シリーズはとても大好きな作品です。




そして西本さんの紙雑貨もとても素晴らしいんです。

こちらは、空っぽのドームの封筒ですが、

レターを入れると絵柄が浮かび上がってきます。




そしてranbuでは初めてとなる雨花さん。
オルゴナイトやオブジェを色々と作られているのですが、
まず、ぜひご覧ください↓

「ゆりかごの記憶」やさしい音の鳴る卵のオブジェです 石膏の台座は別売りです。
ねっ、素敵でしょ?
と隣に行ってささやきたくなる。
とても雰囲気のある作品です。
草花を使った作品を制作されていますが、
雨花さんの草花を使った作品はまるで草花さえも作ってしまったんじゃないかと思えるほど
雨花さんさんの世界に出来上がっています。
時間を止めた、閉じ込めたというよりは
この瞬間や空間を固めたという表現の方がしっくりくるんです。


そして、二人展のお楽しみ、スペシャルと言えば、コラボ作品です。
標本リング。


霧結晶オブジェ。
別売りのヒカル箱にてライトアップすることもできます。


ちなみに、この作品を先日見せて頂いたのですが
「どういうこと?え?どういうこと」
と3回ぐらい言いました。

ぜひ皆様、不思議な世界の力強い作品を見にいらしてくださいね。

| ranbushop | ギャラリーのお知らせ | comments(0) | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
■ Profile
■ Links
■ Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>